5 テーブルの作成 その2

脚部のスケッチ作成
先にプリミティブオブジェクト(主に円柱と立方体)を配置し、脚のスケッチを作成します。
オブジェクトモードに切り替え、今後の作業がしやすいように、天板の位置をトランスフォームでX0、Y0、Z0.3 とします(追加部品を配置しやすくするため)。次に【Sift】【C】でカーソルを原点に戻し、【Sift】【A】メッシュで円柱を作成します。(編集モードのままオブジェクトを追加すると、編集対象のオブジェクト内にメッシュが追加されてしまいます。)今回は脚は天板と別のオブジェクトとして作成し、後にグループ化または一体化させる予定です。円柱の大きさを0.1、0.1、0.6にします。

脚を移動し天板との位置を合わせます。位置合わせは、ビューを主に上、前、右にテンキーまたはヘッダーのビュー・視点で設定し、【G】【Z】、【G】【X】、【G】【Y】またはツールバーの移動ボタンを選択して行います。その際にテンキー5またはビューの透視投影/平衡投影を使用して平衡投影にすることがコツになります。

トランスフォームで位置を区切りのいい数値にしておきます。【Alt】【D】で脚のリンク複製を作成し、位置のX値をマイナスにします。これで左右の足の基本的な位置が確定します。

立方体を作成し、寸法を0.8、0.04、0.1とし、配置してみました。

今回は短いですがここまで、次回カーブを使い、脚の部品を作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です