5 テーブルの作成 その4

作成した部品をテーブルの他の部品のコレクションに移動します。

新しい部品をテーブルの合わせます。ツールバーで回転を選択するとオブジェクトの原点がおかしなところにあります。このオブジェクト作成にあたって線の移動や変形を適当に行ったためです。変形の方法によって原点の位置は異なります。

これでは移動や拡大・縮小・回転がうまくできないので、原点をオブジェクトの中心にします。 ヘッダーのオブジェクト→原点を設定→原点をジオメトリへ移動でオブジェクトの中心に原点を移動させます。

X軸回転とZ軸回転はトランスフォームでの数値入力で90度回転とします。

あとツールバーの各種ボタンや【G】【Z】・【Y】・【X】、【S】【Z】・ 【Y】・【X】を駆使して、 移動やスケールを行い位置や大きさを修正します。 うまくいかなくても色々試してみてブレンダーの操作に慣れてください。元に戻す(【Crt】【Z】)ややり直す(【Sift】【Crt】【Z】)の操作にも慣れましょう。なお、位置関係をわかりやすくするため、平面を加えプロパティパネルのマテリアル→ビューで色付けした床を配置しています。

ここでミラーモデファイアーを使ってみます。先ずミラーの基準となるオブジェクトの原点をワールド座標の原点に移動させます。【Sift】【C】でカーソルの原点をワールド座標の原点に移動させ、そのあとに上部メニューのオブジェクト→原点を設定→原点を3Dカーソルに移動でオブジェクトの原点をワールド座標の原点に移動させます。

プロパティーパネルのモデファイアーでモデファイアーの追加→ミラーを選択します。初期値でミラーの基準がX軸になっています。なっていなければ基準をX軸にします。

基準線にZ軸を加えます。

4本の足が完成です。その後、天板を少し加工し、テーブルの概略の形が完成です。次回は椅子のモデリングに入ります。脚の中心の2本の円柱の長さ変更や部品全部に同一のマテリアルを加えてビューでの色を統一しています。

追記 マテリアルの適用はプロパティーパネルのマテリアルで行います。既存のマテリアルを適用するときは「リンクするマテリアルを閲覧」ボタンを選択して、適用したいマテリアルを選択します。そのためにはマテリアルの名前をわかりやすくしておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です