ちょっと寄り道 ゼロ戦2 Rigging Rigify

コクピットに人を乗せてみます。

新規ファイルを作成し、アドオンのRigging Rigifyをオンにして、【Sift】【A】でアーマチュアのHumannを新規作成します。

ポーズモードにして、下のフレーム1で【I】で現在のポーズをキー付けします。

次に、リグを【G】や【R】でポージングし、 フレームを10位にして、 【I】でキー付けをします。コクピットに座った姿勢をさせてみました。この時注意する点はすべてのリグを選択してキー付けしてください。一部リグのみ選択した場合はそのリグのポーズのみキー付けされてしまいます。

ファイルを別名(ポーズとか)で保存します。

コクピットのファイルを開き、アペンドで先ほど作成したオブジェクト(自動で[metarig]となっていました)を読み込みます。

下のタイムラインのフレームを1にし、身長を確認すると198センチになっていましたので、170センチくらいに縮小しておきます。

フレーム10に戻し、座った姿勢のリグをコクピットの座らせてみます。その際ポーズモードでリグの形を少し調整します。また今回は椅子の高さも調整しました。

これで何とか試作中のコクピットに170センチくらいの兵士が収ますことが確認できましたので、これをもとにコクピット内の整備にかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です