ウイスキーグラス1 SimpleDeformモデファイアー

SimpleDeformモデファイアーを使って、ウイスキーのロックグラスを作ってみました。多様なカーブやカットを比較的簡単に楽しめますので紹介します。

先ず、新規ファイルの立法体の頂点を削除し、一面だけを残し、リングカット(【Crt】【R】)で大まかな細分化をします。

この時x軸に平行した面を残してください。Y軸に平行した面を残した場合、何故かシンプル変形がうまくいきません(これがパグなのか、操作上の未熟なのかはよくわかりません。)。

配列モデファイアーで5ないし8列複製します。

SimpleDeform(簡易変形)モデファイアーで、「ストレッチ」座標軸「Z」、固定「X」にし、係数を変えるとカーブしますので、程よいカーブを調整します。また、係数をーにするとカーブが反転されます。

もう一度SimpleDeformモデファイアーで、「曲げ」、角度「360」、座標軸「Z」にするとグラスの原型となる、回転体ができます。

編集モードで、ベースの平面をy軸で移動してみます。

同じくZ軸上で移動してみます。

色々な器の原型ができそうですが、今回は比較的オーソドックスなロックグラスにして見ます。

線の溶解等を使用して、面の細分化を変更し、形を整えます。

これでこの平面を加工することで、色々なカットのグラスを作ることが可能になりました。

次回はこの原型を利用して。バカラのローズカットロックグラスを作ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です