BlenderからUnityへ(FBXファイル覚書)

扇を作成したので、ためしにFBXファイルにしてUnityで読み込んだところ、マテリアルがうまく反映されたなかったため、色々試行錯誤したので、簡単な覚書を作成しておきます。

ウエブ上では色々な方法が挙げられていましたが、それほどややこしくなく読み込むことができたので紹介します。Unityについてはあまり詳しくないため、勘違いもあること思いますが、ご容赦ください。

これを単純にFBXファイルにエクスポートしてUnityで読み込んでみます。

メッシュの読み込みはできたのですが、マテリアルがうまく読み込まれていません。留め具は単純にデフューズ色のみの設定なので反映されていますが、画像をUVで貼り付けた骨部分と扇の面は真っ白なままです。

UVで貼り付けた画像をUnityに読み込んで、ドラッグ&ドロップで貼り付けてみました。オブジェクトを一つにまとめているため、全体にテクスチャがかかってしまうようです。

Blender上でマテリアルごとにオブジェクトを分離し再度読み込ませてみました。

骨の部分はうまく貼り付けられましたが、面部分がうまくいきません。

面のマテリアルをBlenderのUVエディタで確認したところ、UVマップが2個作成されていることが分かりました。どうもこれが邪魔をしているようなので、使用されていないUVマップを削除してみました。

なんとか反映されてはいますが、マッピングノードの拡大縮小が全く反映されていません。

マッピングノードの拡大縮小をクリアするとUnityと同じ図柄になっています。

マッピングノードではなく、UVエディタで直接調整してみます。

ミックスシェードで金色を加えた部分は反映されていませんが、テクスチャは反映されています。

今回の覚書は以下の通りです。

1 マテリアル毎にオブジェクトを分離しておく。

2 図柄合わせはUVで行っておく。

3 UVマップはマテリアル毎に一つにしておく。

4 ミックスシェードが反映されないことを念頭に作業する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です