相撲の決まり手ーRigifyでIK用ボールの有効化

相撲取りが完成したので、Rigifyでリギングをはじめます。

標準のリグをウエイト付けしたところです。

試しに、重心を下したところ、これではとても勝てそうにありません。膝を外側に曲げたいのですが、IK用のポールが見当たりません。

オブジェクトデータプロパティパネルのレイヤーで下段右から2番目のレイヤーを表示します。

脛部分のボーンを選択してボーンコンストレイトプロパティパネルを見ると、ポールを設定したIKが無効の状態になっていることがわかります。

脚のIK用ボーンを選択し、アイテムのRIgMainPropatiesを見ると、TogglePoleの数値が0になっていることが分かります。これを1にします。

すると膝の前方にIK用のポールが現れます。ボーンコンストレイトプロパティパネルで確認するとポールを設定したIKが有効化されています。

ポールを操作して、膝を外側にします。

同様に反対側のポールを有効化して、両膝を外側にします。これで少しは強そうになりました。

今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です