Geometry Nodes Lesson 4 (マテリアル追加)

Blender3に向けてプレスリリースが盛んですが、なんといってもGeometry Nodesがよくわからない。2.93のデモファイルの作者がレッスンを開いているようなので、有料でしたが参加してみました。

             レッスン場所(19ドル)はここ

これからしばらく、そのレッスン内容を元に、Geometry Nodesの基本についてメモがてらに記事化してみます。

今回のテーマは

材料の追加

  • ベースオブジェクト、インスタンス、または生成されたメッシュにマテリアルを追加する方法。

です。

1 ベースオブジェクトへのマテリアルの適用

球とCubeに新しいマテリアルを適用します。インスタンスのセザンヌと円錐にはマテリアルは適用されません。

2 インスタンスへのマテリアルの適用

インスタンスのベースとなる円錐とセザンヌにマテリアルを適用すると、それぞれのインスタンスに反映されます。

3 生成されたメッシュへのマテリアルの適用

  平面メッシュを追加し、マテリアルを適用して、新しいGeometryを作成します。

グループ入力ノードを削除し、メッシュプリミティブの立方体ノードを追加します。新しく生成された立方体には平面のマテリアルは適用されません。

アウトライナーで見ると、PlaneオブジェクトのPlaneデータの下部に先ほど作成した平面用のマテリアルがあることがわかります。

マテリアル名フィールドの右端にあるリンクボタンでデータからオブジェクトにリンク先を変更します。

オブジェクトに新しいマテリアルを適用します。アウトライナーで確認すると、Planeオブジェクトの直下に新しいマテリアルが適用されていることがわかります。

今回はここまでです。

次回は

属性を理解する

  • 属性の使用方法
  • Built-In vs Named 対 Custom 属性とは何ですか 

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です