Geometry Nodes Lesson 8(コレクションからのインスタンス)

Blender3に向けてプレスリリースが盛んですが、なんといってもGeometry Nodesがよくわからない。2.93のデモファイルの作者がレッスンを開いているようなので、有料でしたが参加してみました。

             レッスン場所(19ドル)はここ

これからしばらく、そのレッスン内容を元に、Geometry Nodesの基本についてメモがてらに記事化してみます。

今回のテーマは

コレクションからのインスタンス

  • ポイントインスタンス ノードを使用してコレクションからランダムオブジェクトをインスタンス化する方法 。

です。

1 コレクションからインスタンス作成

平面メッシュを作成し、スケールで5倍くらいの大きさにします。

ポイント配置ノードとポイントインスタンスノードを配置し、インスタンスの対象をコレクションとし、Grassを選択します。ポイント配置ノードのDensityの値を増やし、雑草を茂らせます。(コレクション全体のチェックをどうするかはレッスンでは外していましたが、あまり変化が分からなかったので、デフォルトのままにしています。)

属性ランダム化ノードを2つ追加し、配置ノードとインスタンスノードの間に配置し、それぞれ属性をScaleとRotateにします。

Rotateについては、ここでは変数をベクトルとしZ軸のみ変化させる設定にしています。変化値の最大値には「TAU」と入力しました。(TAU=2π)

次回は

Wind I:テクスチャの紹介

  • 属性サンプルテクスチャ ノード と 属性カラーランプノードの使用方法 。
  • テクスチャプロパティパネルの使用方法。

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です